並走他社路線について

阪神電気鉄道について

 阪神電気鉄道(以下阪神)は、上図の通り、本線・難波線・明石線・武庫川線で

構成される。本線と明石線は、戦前別会社であったため、神戸都心を挟み離れていたが、戦後各々を結ぶように神戸市営地下鉄東西線が開通し、直通運転を行っている。

並行他社路線の中では、JRを除いて最も早く開業している。開業当初の集落を結ぶ

ように、路線がひかれているため、非常にカーブが多い。また、元々は軌道線

(路面電車)発祥の路線であるため、駅間の距離が短いことが特徴。

 このため、阪神は戦前、別線で高速新線を敷設している。戦後、阪神と瀬戸急が

分離することになり、これが現在の瀬戸急大阪線となっている。この歴史的経緯により、瀬戸急と阪神は路線が非常に近接しており、スピードでは阪神に勝ち目がない状態で

あった。そのため、対梅田(キタ)の輸送に加え、対難波(ミナミ)の輸送で、他社との差別化を指向するようになる。具体的には、戦前に開通していた伝法線を難波まで

延長する計画だ。1970年の大阪万博開催に合わせ、在阪私鉄が都心延長線を計画

したのと同様である。ここで、近鉄側の延長線である近鉄難波線と直通し、神戸~奈良間を結ぶことを画策した。しかし、延長線沿線住民の反対により、難波延長線は万博に

間に合わず、結局開通したのは1980年代となった。

 現在、昼間時には、梅田~明石間の特急が1時間あたり3本、近鉄奈良~明石間の

快速急行が同3本、梅田または近鉄奈良~西宮間の急行が各々同3本ずつ計6本、運転

されている。尼崎で特急・快速急行と急行が連絡することで、梅田・難波に対して、同様の利便性を保っている。

 

 ※当サイトの記述は、フィクションです。

 

阪急電鉄について

 阪急電鉄(以下阪急)は、神戸線・宝塚線・京都線の各系統から構成されるが、

ここでは瀬戸急と並走する神戸線・宝塚線系統に絞り記述する。阪急は、瀬戸急や

阪神電鉄とは違い、阪神間の北側を営業エリアとしている。元々、梅田~箕面・宝塚を

敷設した箕面有馬電気軌道に端を発しているが、さらに需要が見込める区間として開業

したのが、今の阪急神戸線。軌道由来の宝塚線に対し、直線主体の高速線として開通

している。しかし、すでに開業していた阪神からすれば、自営業エリアへの殴り込みで

ある。そのため、阪急に対抗するために阪神が開通させたのが瀬戸急大阪線となる。

さらに、阪急に対しての意趣返しとして、阪急のテリトリーに食い込む形で、阪神は、

現在の瀬戸急宝塚線も開通させている。

 かように、戦前からの熾烈な争いをしていた両社であるが、2006年の、とある事件

から、阪急阪神グループという、実質的なグループ企業となってしまった。事実は

小説より奇なりとはよく言ったものだ。

 

 ※当サイトの記述は、フィクションです。

 

神戸市営地下鉄について

 神戸市営地下鉄は、東西線・南北線・中央西神線・北神線・海岸線の5路線で構成

される。戦前、神戸市においては、現在の瀬戸急が都心延長線を開通させていたが、

ほかの各私鉄は、兵庫・湊川・三宮とそれぞれターミナルがバラバラであった。特に

阪神は、同一会社であるにも関わらず、明石線と本線の両路線が繋がっていない状態で

あった。このため、戦後に両路線を連結する延長線を計画する。しかし、この計画に

対し、神戸市は良く思っていなかったといわれる。戦前(当時は阪神であったが)

瀬戸急が都心延長線を開通させたことで、市内の交通が有機的な繋がりを持たなく

なってしまったと考えていた。これ以上、私鉄各社に市内延長線を開通されて

しまっては、市内の交通が無秩序になってしまう。そのため、各私鉄のターミナルを

結ぶように、神戸市営地下鉄は計画された。

 現在、東西線は阪神本線・明石線と直通している。他は、中央西神線は阪急神戸線、

南北線は神鉄有馬線・粟生線、北神線は神鉄有馬線、といった具合である。もともと、

戦後すぐの時点で、神戸市内の東西を結ぶ私鉄は瀬戸急だけであったため、瀬戸急は

各私鉄の連絡輸送という性格を有していたものの、地下鉄が開通し、ほかの私鉄と

直通するごとに、他社沿線から瀬戸急に流入する輸送量は減ってきているといった

状況である。

 

 ※当サイトの記述は、フィクションです。