各駅紹介

大阪梅田駅 駅名票

大阪梅田駅 構内図

クリックで拡大
クリックで拡大

大阪梅田駅 周辺地図

クリックで拡大(別窓)
クリックで拡大(別窓)

大阪梅田駅 概要

 

 大阪梅田駅は、大阪府大阪市北区梅田3丁目にある駅です。JR大阪駅南側にある大阪ターミナルビル(アクティ大阪)の西側に直結しています。現在の大阪梅田駅は2代目で、1代目は現在よりも南にありました。(現:ハービスPLAZA) しかし、瀬戸急大阪梅田駅とJR大阪駅との間に距離があり、乗り換えが不便でした。そのため、大阪ターミナルビルを建設する際に瀬戸急線がこのビルに乗り入れる形で、大阪梅田駅を改築・移設しています。また、1代目大阪梅田駅に併設されていた瀬戸急百貨店も、大阪ターミナルビルに移設しています。

 (※移転についての関連記事はこちら


 本駅では、JR西日本、阪神電気鉄道、阪急電鉄、大阪市営地下鉄の各線と連絡しています。JR大阪駅や阪神電鉄・地下鉄四つ橋線には隣接しているので乗換えが容易ですが、地下鉄御堂筋線・谷町線、阪急線からは離れており、乗り換えに10分程度を要します。

 2011年には大阪駅の改築が完成し、大阪ターミナルビルも増床しました。その際、瀬戸急百貨店の改装を実施。新たに出来たJR大阪駅3Fコンコース階と瀬戸急大阪梅田駅2F中央東口改札が繋がり、乗り換えの利便性が向上しています。

 

 

 

 JR大阪駅改築前の大阪梅田駅を南側から眺めた写真。写真右手のビルは大阪ターミナルビルで、それに併設されていることが写真から分かる。駅前には広場があり、人々の憩いの場となっている。


 また、駅の奥には、JR大阪駅のホームの屋根や、大阪駅北ビル(現在は取り壊されている)、全国チェーンの家電量販店が見られる。現在JR大阪駅は改築を終了しており、ガラス張りの屋根が駅を覆っている。

 大阪梅田駅の構造についてですが、移転前の大阪梅田駅は改札口が四ツ橋筋に面した一か所しかなく、またホームも狭く、かつ少ないことから、相当な混雑を引き起こしていました。そのため、移転後には地上2階、地下1階の3層構造となり、2F・B1Fにホーム階が分かれました。1Fはコンコース階です。また、それに伴い、改札は2Fに1か所、1Fに3か所、B1Fに2か所となっています。結果、人の流動が分散され、移転前の混雑は緩和されました。

 

 また、大阪梅田駅の特徴として、特急専用ホームと特急専用改札が設けられています。特急利用者は改札を2回通らなければなりません。

 

 

 

大阪梅田駅 発車時刻表

クリックで拡大
クリックで拡大

大阪梅田駅 運賃表

クリックで拡大
クリックで拡大