路線紹介

瀬戸急電鉄 路線図

クリックで拡大
クリックで拡大

瀬戸急電鉄 路線について

 大阪~岡山間の瀬戸内東部沿岸部を結ぶ長大私鉄

 

 瀬戸急電鉄は、大阪府・兵庫県・岡山県の3県を結んでいる。幹線系統は、大阪~神戸間を走る大阪線、神戸~姫路間を走る神姫線、姫路~岡山間を走る岡山線の3路線。加えて支線系統は、尼崎~宝塚間の宝塚線、甲子園地域を走る甲子園線、岡山地域の牛窓線、後楽園線の4路線。計7路線で構成されている。

 大阪~姫路間の、いわゆる関西エリアに属する地域を結ぶ路線は沿線人口が多く、8両編成の電車が絶え間なく走り、大手私鉄然としている。一方、岡山県内に目を移すと、山あいを2両の電車がトコトコ走り、地方ローカル私鉄の風情を醸し出す。非常にギャップのある路線網を有している。

 

 

瀬戸急電鉄 路線一覧

 各路線の概要等記載しています。

  • A 大阪線 :大阪梅田(A01) - 湊川(AS17)
  • T 宝塚線:大島(AT06) - 宝塚(T12)
  • E 甲子園線:上甲子園(AE07) - 浜甲子園(E11)
  • S 神姫線:湊川(AS17) - 姫路(S48)
  • O 岡山線:飾磨(SO45) - 岡山(O82)
  • K 後楽園:森下(OK79) - 後楽園前(K80)
  • U 牛窓線:西大寺(OU73) - 牛窓(U79)