路線詳細説明

大阪線詳細路線図

 瀬戸急大阪線の起点、大阪梅田駅はJR大阪駅南側に位置する。地上2階に大阪線優等ホーム、地下1階に大阪線各停系統および宝塚線ホームがある。小田急新宿のような2層構造の駅だ。一見すると、宝塚や明石、姫路行きの列車が発車する関西近郊路線のターミナルだが、たまに入線する岡山行きの特急を見ると、瀬戸急が関西を超え中国地方に到達する私鉄であることを思い出す。岡山まで続く線路はここからスタートする。

 

 大阪梅田駅を出ると、優等系統の線路が高さを下げ、地下1階のレベルに到達する。ここから、各停系統の線路と合流し、方向別複々線が尼崎の先まで続く。複々線の状態で、右に大きくカーブし、JRの線路をアンダーパスすると、再び線路は上り坂となる。築堤上に上がると、大淀駅に到達する。大淀駅は、旧阪神北大阪線との乗換駅。淀川花火大会が開催される日には混雑するが、普段はターミナルそばにありがちな閑所な駅である。

 

淀川花火大会開催時に、淀川を渡る急行電車。

 (大淀~歌島)

 

 大淀駅を出ると、そのまま淀川を渡河する。淀川を渡ると、線路はゆるやかに左に曲がりながら、下り勾配となる。再びJR東海道本線と、阪神高速池田線をくぐると、上り勾配となり、目の前に歌島駅が現れる。歌島駅は、高架対面式2面4線ホームである。歌島駅そばの道路地下には、1997年に開通したJR東西線が走っているが、JR東西線には駅は設けられていない。ここから、JR東西線に乗り換えようとすると、約600m南に下った御幣島駅に向かう必要があるが、やってやれないことはない。

 

 歌島駅を過ぎると、神崎川とその支流である左門殿(さもんど)川を超える。この左門殿川が大阪府と兵庫県の府県境となっている。川を渡った直後、国道2号をオーバーパスし、左手から阪神本線が近づくと、杭瀬駅に到達する。杭瀬駅も大淀駅と同じ高架対面式2面4線の駅。周辺は奈良時代に栄えた港町だったりするが、今となっては、港町の面影はない。高度経済成長期には工場が乱立していたが、現在は再開発され、マンションが多数建っている。なお、阪神杭瀬駅とは200m弱離れている。

 

杭瀬のマンション群を走る準急電車。

 早朝の風景。

 (歌島~杭瀬)

 

 杭瀬駅~尼崎駅間は、阪神本線は大物を経由するため、一度南に下るが、瀬戸急大阪線は国道2号に並走し直線に引かれている。瀬戸急尼崎駅は、阪神尼崎駅と中央公園を挟んで並んでいる。元々同一の会社なので、隣接していてもいいように思うが、瀬戸急線を敷設する際、線形を優先した結果だと思われる。なお、JR尼崎駅とは直線でも2km強離れており、乗り換えができるといえる距離ではない。やってやれないことはないが、お薦めはしない。

 

 

 

 

 尼崎駅を出てすぐ、阪神本線は再び南にそれていく。瀬戸急大阪線は国道2号に平行して

西宮に向け、比較的直線に敷設されている。尼崎駅西側は、高架下にアーケードタイプの

商店街がある。旧阪神浜田球場の裏手を過ぎたあたりから、複々線の内、一番南側の線路を残し、他の3本の線路は上り勾配となる。一番南側の線路が、他の線路の下に潜り込めば、大島駅に到着する。この駅は2層式の駅で、2階が宝塚線大阪方面、3階が宝塚線宝塚方面および大阪線ホームとなっている。

 

 大阪線の線路は、大島駅を出た後は宝塚線が北にそれるため、複線となる。高架で進み、武庫川を渡る。武庫川は尼崎市と西宮市の市境であり、ここから西宮市となる。武庫川に渡った後は地平レベルに戻るが、途中、南に分岐する線路が見える。これは、甲子園線へとつながる連絡線である。地平レベルに下ると、上甲子園駅。大阪線は対面式2面2線の駅である。大阪線のほか、甲子園線にもホームがあるが、200m程住宅街を歩かなければならない。改札外乗換となる。また、上甲子園周辺は、西宮七園のひとつである甲子園地域にあり、高級住宅街を形成している。ランドマークとなる甲子園会館は阪神間モダニズムを代表する建物。

 

←武庫川を渡る普通電車。

 (大島~上甲子園)

 

 上甲子園を出た後は、国道2号に沿って走るようになる。名神高速道路と阪急今津線を

アンダーパスしたのち、再び高架となる。JR西宮駅前を通り過ぎると、西宮駅に到着する。瀬戸急西宮駅も尼崎駅と同様、阪神西宮駅とはバスターミナルおよび駅前広場を挟んで、反対に位置している。付近には、「えべっさん」の名で親しまれる、七福神の一柱、

えびすを祀っている西宮戎神社がある。なお、誤解されることが多いが、西宮の名前の由来は、この西宮戎神社ではなく、市内にある廣田神社のこと。

 

←西宮駅西側から大阪方面を見た風景。

 普通電車が大阪に向け走っていく。

 (上甲子園~西宮)

 西宮を出た後も、瀬戸急大阪線はしばらく国道2号に並走する。桜で有名な、夙川を渡ると、再び線路は地平に戻る。ちょうど地平レベルに到達したところで、西宮市から芦屋市に入る。天井川で有名な芦屋川を乗り越えるため、上り勾配となりあがりきったところが芦屋駅。芦屋川をまたぐようにホームがかかっている。芦屋といえば、関西随一の高級住宅地であるが、近年は街の高齢化現象に悩まされ、隣の西宮市に圧されている。なお、阪神芦屋駅は約300m南側に位置する。

 

 芦屋川を渡ると、地平に降りる。地平に戻った後しばらく進む区間が、芦屋市と神戸市の市境になっている。住宅街の中をまっすぐ進むと、本山駅。対面式2面2線の駅。周辺には閑静な住宅街が広がっている。

 

 本山駅を西進すると、線路は上り勾配となり、築堤上を進む。上りきると、難関進学校として有名な灘中学校・高校の敷地の南側を走り、天井川の住吉川を渡る。また、住吉川と並走する六甲ライナーをくぐる。両社ともに駅は設置されていない。その後、高架のまま、ゆるやかに線路が右にカーブし、南側から阪神本線が再び現れると、御影駅に到達する。御影駅は高架島式2面2線の駅。付近は灘五郷と称された酒どころの一つ、御影郷である。駅高架下には、澤之井があり、酒造りに必要な湧き水が豊富であることを象徴している。

 

 

 御影から阪神石屋川駅まで、瀬戸急大阪線の南側に阪神本線が並走し、線路別複々線の様相を呈する。阪神石屋川駅は、阪神側には駅が設置されているが、瀬戸急側に駅はない。阪神石屋川駅は島式ホームとなっており、その影響で、瀬戸急の線路も阪神の駅がある部分は線路が曲がっている。阪神石屋川駅を過ぎると、阪神本線は一旦南に離れていく。阪神本線と瀬戸急大阪線の間に、高架の阪神石屋川車庫があり、留置されている阪神の車両が左手に見られる。阪神石屋川車庫を過ぎたところで、瀬戸急琵琶駅。高架島式1面2線の駅である。琵琶駅を名乗っているが、当駅の地名は琵琶町ではなく、烏帽子町。琵琶町は国道2号を挟んで北側の地名である。琵琶町は地形がビワに似ているから付いた地名。なお、烏帽子町は地形が烏帽子に似ているからというのが由来である。

 

←御影発車後の準急電車。

 御影~阪神石屋川間は阪神と並走する。

 (御影~琵琶)

 

 琵琶駅を出たら、徐々に阪神本線が近づいてくるが、阪神本線は地下となっており、その姿を確認することはできない。国道2号をオーバーパスすると、線路は下り勾配となり、掘割となったところで、岩屋駅に到達する。岩屋駅は半地下島式1面2線の駅。なお、瀬戸急のホームの隣には、阪神本線のホームがある。阪神本線は前後では地下であるが、この駅で一旦地上に出てくることになる。(とはいえ、掘割ではあるが。)駅の浜手側には、1990年代後半に再開発されたHAT神戸がある。

 

 岩屋駅からは地下となる。途中、阪神本線に春日野道駅が設けられているが、瀬戸急大阪線には設けられていない。国道2号の直下を進むと、神戸の中心地、三宮駅に到達する。

地下島式2面3線式の駅である。三宮駅周辺は、私鉄のターミナルが集まったことで発展した地域。地上には百貨店を含め商業エリアが広がる。

 

 三宮駅の西側で、JRと交差し、兵庫県庁前に達したところが、山手通駅。地下対面式2面2線の駅。山手幹線直下に駅は位置しているが、駅名は明治に開通した新道にちなみ、名づけられた地名に由来する。

 

 そのまま、山手幹線直下を地下で進むと、大倉山駅に到達する。駅前には、小丘の大倉山を擁する大倉山公園がある。また駅南側には、楠木正成を祀った湊川神社があり、正月には大変な賑わいをみせる。

 

 大倉山駅の次駅は、湊川駅となる。湊川公園直下に位置する地下島式2面4線の駅。明治期に、湊川の旧流路を整備してできた街である新開地があり、戦前は神戸の一大商業地・オフィス街であった。しかし、先述の通り、三宮地域の発展により、湊川周辺は没落していった。戦前の中心地を目指した瀬戸急大阪線の前身・新阪神はここで、終点となり、同じく瀬戸急神姫線の前身・神姫急行に乗り入れていた。そのため、瀬戸急大阪線はここまでとなり、この先は瀬戸急神姫線となる。

 

 

 

 

●大阪線全体路線図

クリックで拡大
クリックで拡大