輸送形態

種別設定と停車駅

クリックで拡大
クリックで拡大

 特急は、大阪線・神姫線・岡山線の全区間で運転されている種別。大阪梅田・三宮・

湊川・表町・岡山にしか停車しないノンストップ特急(阪岡甲特急)と、その他の

駅にも停車する特急(阪岡乙特急・阪姫特急)に大別される。阪岡甲特急は1時間に

1本運転され、阪岡乙特急と阪姫特急は概ね2時間に1本ずつ交互に運転される。

 特急に乗車する際には、乗車券の他に特急券が必要となる。短距離利用の場合は、

特急料金が安めの設定となっている。(参考:運賃と料金) これは通勤通学需要に

応えるためであるが、特に岡山近郊は無料優等が設定されていないため、

その代替としての利用が見られる。

 

 急行は、大阪線・神姫線で主に運転される。(一部岡山線網干まで乗り入れ)

阪神姫間の全区間で通過運転を行い、関西エリア各都市間の速達輸送を担っている。

終日運転されるが、平日朝ラッシュ時上りのみ、後述する快速急行が急行の代わりに

運転される。

 

 準急は、大阪線・神姫線で運転される。大阪梅田~明石間では通過運転を実施

しており、明石以西は各駅に停車する。明石以東は、急行と停車駅が同じであり、

急行と合わせて、昼間は毎時6本運転されている。各駅停車区間の明石以西は、

快速・普通と合わせて、毎時4本の運転。これは明石を境に需要の壁があるため

(参考:各駅乗降客数)、供給過多とならないよう調整されているからである。

この種別は供給調整用の種別と言えるだろう。

 

 快速急行は、大阪線・神姫線で運転される。平日朝ラッシュ時上り方向で7本

運転され、この時間帯は急行は運転されない。停車駅は名谷以外の急行停車駅。

これは、神戸・大阪のベッドタウンとなっている板宿~明石間の需要が高く、

この区間を通過することで、遠近分離を実施するためである。

 

 区間急行は、大阪梅田~明石間で運転される。運転時間は、朝ラッシュ時と

夕方~夜間に限られる。停車駅は大阪梅田・尼崎・芦屋・三宮・湊川・板宿・

下畑~明石。平日朝ラッシュ時の上りは、快速急行と対で運転される。これは、

快速急行が拾わない明石~名谷間から神戸・大阪への通勤通学需要をこの種別が

代わりに担うためである。また、大阪梅田~三宮間では、快速急行や急行・準急と

千鳥停車を行い、これらと停車駅数は変わらない。これにより、神戸西部から

大阪梅田までの有効列車(※1)となっている。さらに、芦屋・尼崎から神戸、

または、その逆の通勤通学需要に対して機能している。

 

 快速は、大阪梅田~宝塚および大阪梅田~東二見で運転される。停車駅は大淀・

歌島・杭瀬以外の各駅。基本的に、宝塚線快速と大阪線普通、または大阪線快速と

宝塚線普通が対で運転され、尼崎で対面乗換が可能となっている。急行・準急が

通過する大阪近郊区間および宝塚線の優等列車的ポジションの列車である。

 

 普通は、瀬戸急の全線・全時間帯で運転される。ただし、時間によっては、

他の種別が運転され、普通は運転されない区間も存在する。

 

 

 

 (※1)有効列車:出発駅から目的駅まで先着する列車。当該列車が発車した後に出発駅を

         発車する優等列車に追いつかれる場合は有効列車とはならない。ただし、

         後続の優等列車が出発駅を通過している場合は有効列車となる。

         また、目的駅に先着できる時間当たりの回数(列車本数)を有効本数という。