10周年を迎えました

 2016/11/11、架空鉄道「瀬戸急電鉄」は、旧サイト公開から10周年を迎えました。

 

 

瀬戸急電鉄とは?

 

 瀬戸急電鉄とは何か。それは私の考えた想像上の鉄道、架空鉄道です。実際には存在しない鉄道です。Web上には色々な架空鉄道が公開されており、一口に架空鉄道といっても、種類は様々です。例えば、走る場所も架空であるもの、作者の「好き」を集めたもの、実現しなかった鉄道=未成線が現実にあったらと想像したもの…。

 

 瀬戸急電鉄のベースは、未成線が現実に存在したらという「if」が元になっています。大阪と岡山を結ぶ私鉄。いまを考えると、あり得そうには思えませんが、構想としては実は存在していました。

 

 まず大阪~神戸間。この区間は阪神電鉄が過去に、既存線とは別の高速新線を計画していました。神戸~明石間は、山陽電鉄の前身である神戸姫路電気鉄道が、姫路~明石間を開業したのち、明石と神戸をつなぐための延長路線を計画しています。両者は湊川で相互直通運転を行う予定でした。また、山陽電鉄は現在の終点である網干から岡山へと路線の伸ばす構想を持っていました。

 

 これらはすべて実現しなかった鉄道です。しかし、もしこれらがすべて現実となっていれば、大阪と岡山を結ぶ私鉄は実現したのです。

 

 瀬戸急電鉄はこの未成線のルートを元に作られています。しかし、本サイトの趣旨は歴史の考証ではありません。あくまで、作者の気の向くまま想像したものを羅列したサイトです。当然矛盾しているところもあるかと思いますが、ご笑覧いただければ幸いです。

 

 

【注意・免責事項】 当サイト閲覧のまえに

 

 当サイトはフィクションを元に記述されています。実際の鉄道会社・団体等記述に含まれておりますが、当サイトの設定としての記述であり、これら会社・団体は一切関係ありません。当サイトの閲覧の際は、下記注意事項をご留意ください。

 

  • 実際の鉄道会社・団体等に当サイトについての問い合わせはご遠慮ください。
  • 当サイトの情報で、損害を受けたとしても、当サイトは一切責任を負いません。